EVが大衆車になりそう

jp.reuters.com

【要約】

米電気自動車(EV)製造大手テスラが軽量アルミニウムから、鉄鋼のボディに置き換えた。

軽量化よりコスト削減を重視。

 

 

ハイブリッド車の場合、内燃式ガソリンエンジン部分とトランスミッションは通常どちらもアルミニウム。

 

 

さまざまなグレードの鉄鋼、アルミニウム、カーボンファイバー、マグネシウム、プラスチックなど、複雑な素材構成になる可能性が高い。

 

 

テスラの大衆車が軽量なアルミニウムから鉄鋼に置き換えられたようだ。

これは、EVがコスト削減をして、一般販売に力を入れることを意味する。いよいよ本格的な普及が進むのだろうか。

確かに航続距離も大幅に伸びてきて使い勝手もよくなってきたが、実際はハイブリットが主力となるのでは無いだろうか。

そうなれば、エンジンとトランスミッションの主要材料であるアルミの需要は続くようである。

  

ただ、製造時間が長いカーボンファイバー、発火の恐れのあるアルミニウム(発火しにくい合金が開発されたような?)、劣化の恐れのあるプラスチックを適材適所で使用する複雑な素材構成になるようである。

 

コスト、利便性、再利用などあらゆる面から、求められる車はいかようになるだろうか。

 

 

 

 

大手まんぢゅう

http://大手まんぢゅう

大手饅頭の由来


大手饅頭は天保八年(1837年)弊店の初代伊部屋永吉が、いまの営業地京橋町で創業しましたが、当時の備前藩主池田侯から特に寵愛を受け御茶会の席には必ず伊部焼の茶器とともに愛用されてきました。大手饅頭の名称は、当店が岡山城大手門の附近にあったため藩侯からいただいたと伝えられております。その親しみやすい名前と風味豊かな味わいは、当時の人たちに備前名物としてご好評をいただきました。以来百八十余年ご贈答におみやげに引き続きご愛顧をいただいておりますことは、有難いことでございます。当店はこの伝統の味を失わないよう努力していく所存にございますれば、何卒一層のお引き立てをお願い申し上げます。
主人敬白

第26回全国菓子大博覧会 ひろしま菓子博二○一三 名誉総裁賞受賞

こだわりの製法
備前岡山は古くから米処と言われています。大手まんぢゅうは、その良質の備前米を材料として、まず糀(こうじ)からつくり始め、もち米などを加えながらじっくり日数をかけて、成熟した甘酒を仕上げていきます。これに小麦粉を混合し発酵させて生地を調製いたします。この丹念に仕上げた生地で、北海道産小豆を特製の白双糖で練り上げた漉餡を、薄く包み、蒸上げますと、甘酒の豊潤な香りを漂わせながら出来上がってまいります。大手まんぢゅうは、昔から伝えられた酒饅頭の基本製法でつくっていますので、甘酒のコクが餡の甘さとほどよく調和したまろやかな味わいが特徴でございます。


◆原材料名
砂糖、小豆(北海道産)、小麦粉、還元水飴、米、もち米
◆成分表 1個(38g)当たり
エネルギー95kcal/タンパク質2.0g/脂質0.1g/炭水化物21.4g/ナトリウム4mg (食塩相当量)0.01g

 

 城下町の伝統あるお菓子は、上品な甘みを堪能できる。食べるとその良さに驚き、感銘を受けるが、普段はどうしても洋菓子やスナックなど身近にあるお菓子を食している。賞味期限が7日と短く、特別な時に取り寄せたり、お土産に配ると喜ばれる一品です。

 

 

北海道限定 さっぽろメロンショコラ

 

YOSHIMI | さっぽろいちごショコラ

サクッと焼きあげたウエハースに風味豊かなメロンといちごのクリームをサンドして、
果実の自然な風味を生かしたホワイトチョコレートを、たっぷりとコーティングしました。
メロンといちごの豊かな香りが、お口いっぱいに広がります。

 

 メロンの風味が口いっぱい広がって、サクサクな食感が美味しい。目を閉じると上質なメロンの風味を感じることが出来る。イチゴはまだ食べていないが、お土産におすすめの一品である。

 

 

水素社会は来ない?

衝撃!「水素社会」は来ない その1 | NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]

 【要約】

 ■ 輸送が困難で、経済的な輸送ができない。

 ■ 製造も難しい

 ■ 液体燃料にしたほうがよい

 

 この記事では、水素そのものを利用する社会は来ないと言っている。全くその通りだと思うが、最初、このタイトルを見てただの否定記事だと思った。

内容は、水素の輸送・貯蔵が難しく、電気分解天然ガスから製造はコストがかかるなどである。

全くその通りであるが、最後にある条件において普及するという。

それは、自然エネルギーが余って無料となる。そして水素を改質して液体燃料にする。

その通りだと思う。

自然エネルギーは好きな時に自由に発電するため、電力会社にとって非常に迷惑な電気である。現在は太陽光発電であれば需要のある昼間、受け入れ可能な電力量を超えた分は、受け入れを拒否することが出来るが、これを無料で受け取って揚水発電や蓄電池に貯める。さらに余れば、水素を製造し、燃料に変換して貯蔵する。

燃料はガソリン、軽油など現在の社会インフラをそのまま使うことが出来る形に変換が可能である。

理想社会が実現する。

 

問題がある。

電気エネルギーの3~4倍以上のエネルギーを石炭や石油として輸入している。自然エネルギーでこれらの燃料を代替するだけの発電することは困難であろう。しかも無料で。

原子力発電のついでに、水の熱分解の方が現実的か?

 

六花亭 マルセイバターサンド

www.rokkatei-eshop.com

 

当社専用の小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドした、ロングセラー商品です。菓名の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、パッケージもそのラベルを模しています。

北海道のお土産と言ったらマルセイバターサンドを忘れるわけにはいかない。レーズン好きにはたまらない。滑らかな舌触りと合わさって、他にない味である。近年、北海道フェアなどでも手に入るし、近所のスーパーでも取り扱っていることもある。レーズンのインパクトが忘れられない一品である。

 

 

ポテトフレークサブレ

www.imokin.co.jp

 

創業以来、芋けんぴ一筋。
 芋舖「芋屋金次郎」の母体は、高知県高岡郡日高村にある老舗芋菓子メーカー「澁谷食品株式会社」。昭和27年の創業以来、芋けんぴ一筋に生きて来ました。

 現在、澁谷食品を含むシブヤグループが年間に使用している芋の量は約12,000トンで、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売されている芋けんぴの約半分近くがシブヤの商品です。

 芋屋金次郎は、日本一の芋けんぴ生産量を誇る澁谷食品から、ワンランク上のフレッシュな芋けんぴを提案する専門店として平成17年にオープンしました。

 

芋屋金次郎のポテトフレークは、自社で育てたさつま芋をオリジナル製法で
まるごと焼き上げてフレークにしたもの。それをさくっとサブレに仕立てました。
さつま金時、アヤムラサキ、それぞれのお芋の味がそのままサブレになっています。

芋屋金次郎の歴史とこだわり 芋屋金次郎について | ギフト販売・揚げたて芋けんぴの芋屋金次郎

ポテトフレークサブレ(アソート)8枚入   760円(税込)

ポテトフレークサブレ(アソート)14枚入 1,300円(税込)

 

サツマイモの味をそのままに、サブレのサクサク感を出した一品です。甘みを抑え、バターも控えめでありながら、サツマイモの味わいを楽しめます。

 

 

きび大福

 

www.koeido.co.jp

「きびだんご」の誕生
 廣榮堂は、もとは廣瀬屋という7代ほど続いた瀬戸物屋の後を継ぎ、安政3年(1856)にお菓子屋に商売替えしたのが、廣榮堂の始まりです。
 当時の「きびだんご」は、黍の採れるところなら、どこにでもあった日常の食べ物で、黍の粉を蒸して作られ、あんをつけたり、汁をかけて食べ、かき餅のように四角く日持ちが悪いものでした。明治の風俗史研究家の紅迺屋お色という人が「きびだんご考」というものに、安政の初め、武田半蔵(廣瀬屋の隠居)、笹野一方(通称髯長)という狂歌師、信楽屋(伊吹山のモグサ屋)の隠居の3人で鳩首工夫の上、遂に案出して茶の席に用い、好評を得たのが濫觴(起源)なりと記しています。
 「きびだんご」をお茶菓子として、また旅の友にもなるように、日持ちを良くするためにさらに工夫。黍の変わりにもち米を用い、当時は貴重品だった上白糖と水飴を混ぜて柔らかい求肥にし、風味づけに黍粉を加えることで、現在の「きびだんご」とほぼ同じ製法が完成しました。「廣瀬屋」はお菓子屋へと商売替えし、「広くこれを伝え、味の良さを知らせることで、自然といいものは売れて繁盛する」という信念から屋号も「廣榮堂」に改めました。さらに当時の池田藩筆頭家老で武家三茶人のひとり、伊木忠澄(三猿斎)に指導を賜りながら「きびだんご」を茶席向きに改良を重ねます。これを池田藩に献上したところ、藩主から備前の国印である釘抜き紋の使用の印許を頂きました。「きびだんご」が岡山を代表する銘菓として、藩主に認められたのです。
 明治19年(1886)に明治天皇が岡山に行幸された際、初代・浅次郎は自らつくった「きびだんご」を献上。「日の本にふたつとあらぬ吉備団子むへ味はひに名を得しや是」と御製を賜りました。天皇から「日本一のきびだんご」とおっしゃっていただいたのです。

 

きび大福

きびだんご・和菓子 廣榮堂本店:調布・きび大福

 きび入りのだんご生地に北海道産小豆の粒あんを包み、きなこをたっぷりとまぶしました。

8個入り 760円(税込)

12個入り 1,190円(税込)

 

きびだんごは岡山の名物であるが、古い物を大切にしながら、常に新商品を作りだす新しくも間違いない味わいです。お土産に、一ひねりしたおすすめ商品。

ちょっと甘みが強いが、小豆の濃厚な甘みは嫌みが無く食べやすい。